カップリング楽しそう!月組お披露目公演はON THE TOWN。簡単な内容と妄想配役。

大都会ニューヨークの夜

こんばんは。salt(@salt3123)です。

先日は人事のことで頭がいっぱいだったのですが、たまさくコンビの(珠城りょうさんと美園さくらさん)お披露目公演も発表されましたね。

お披露目公演はブロードウェイミュージカルのオン・ザ・タウンです。

「踊る大紐育」というタイトル(紐育とかいてニューヨークだそう)で映画化もされていますが、私は見たことがありませんでした。

今回は、その内容についてお勉強しつつ、妄想配役を繰り広げています

オン・ザ・タウンの簡単なあらすじ

調べたのを簡単にまとめてみました。

  • 時代:1940年代の第二次世界大戦まっただなか
  • 舞台:ニューヨークでの24時間
  • 3人の海軍水兵さんがメイン
  • 彼らがそれぞれ素敵な女性に出会い
  • すったもんだするミュージカル・コメディー

要は、3対3のラブコメってことですね!

 

さらに基本情報

  • 1944年初演のブロードウェイミュージカル
  • 作曲家はウェスト・サイド・ストーリーのレナード・バーンスタインさん
  • ダンスもすごい

 

ブロードウェイのコマーシャル動画があったのではっておきますね。30秒なのでよかったらどうぞ。

楽しそうなミュージカルです。

月組verでの配役を妄想する

以下まるで事実のようにしゃべっていますが、すべてライトファンによる勝手な妄想です。

なまあたたか~い目で見ていただけると嬉しいです。

メインの水兵さん3人組

3人の水兵さんですから、これはもう、公式で名前をあげられている順に、トップさんから当てはめていくと、

  • ゲイビー:たまきちさん(珠城りょうさん)
  • チップ:みやちゃん(美弥るりかさん)
  • オジー:月城さん(月城かなとさん)

ですよね。

この公演と同じタイミングで公演されるのは「バウ公演」です。

2番手・3番手さんがバウで主演されることはないと思いますので、みやちゃんと月城さんはこっちということで。

(バウは暁千星さんか、風間柚乃さんがメインになるのかな? ああでもありちゃん(暁さん)の水兵めちゃめちゃ似合いそう………うーん)

 

追記:バウ公演の演目、発表されました!予想外の美弥るりかさんです。記事はこちらをどうぞ。

関連:2019年1月バウホールは美弥るりかさん主演の「ANNA KARENINA」!

 

ブロードウェイのお稽古場動画も見つけたのですが、コメディだけあって、このメインの水兵さん3人組がきゃっきゃしそうなんですよ。

3人がきゃっきゃしているのは動画の最初の30秒です。

これをたまみやれい(珠城さん・美弥さん・月城さん)に置き換えたらすごく楽しそうじゃないですか!

あと最初にはった動画の、水兵さんの衣装もかわいい。

恋の相手になる女子3人

3人の水兵さんの恋のお相手をまとめますと、

  • アイヴィ・スミス(ミス・サブウェイ):ゲイビーが地下鉄のポスターを見て一目惚れする女性
  • ヒルディー:タクシー運転手。チップにぞっこんになる女性。強烈なキャラクター?
  • クレア:人類学者。オジーといい感じになる。

ゲイビー(たまきちさん)が、ひとめぼれするアイヴィはもちろん相手役のさくらちゃんですよね。

 

気になるのはあとの二人、みやちゃんと月城さんのお相手になる方です。

シンプルに考えます。

ヒルディーはうみちゃん(海乃美月さん)

クレアは天紫珠李さん(あましじゅりちゃん)ですかね~?

天紫ちゃんは最近男役から娘役に転向した方です。7月のちゃぴちゃん(愛希れいかさん)バウでも抜擢されているんですよね。

あ、でも天紫ちゃんはバウでヒロインの可能性もありますよね…?

タクシー運転手のヒルディーは癖のあるキャラクターらしいという情報を見かけたので、この役をうみちゃんがやってくれたらすっごくうれしいです!

みやちゃんにぐいぐいせまるうみちゃん……いい!

なんせ宝塚公式サイトでも

チップはタクシー運転手のヒルディに迫られ、

とかかれていますから。

みやちゃんがうみちゃんに迫られるんですよ! 迫られるっていうのがいいです! 考えただけでも楽しそう!!(※まだ配役決まってない)

カンパニー(2018年公演)のみやうみも好きだったんです。クール系神経質男子×鈍感熱血女子。

うみちゃんのぐいぐい役楽しみです。(まだ決まってないけど)

A-EN(2015年)の男前女子! 役も好きでした…。強気女子大好き。

日本での初演は2014年。V6のトニセンが主役

オン・ザ・タウンの日本初演は2014年なんですが、キャストがおもしろかったので紹介します。

水兵3人組はV6の年長組、「20th Century(トゥエンティース・センチュリー)」(通称トニセン)の方が演じています。

  • ゲイビー:坂本昌行さん
  • チップ:長野博さん
  • オジー:井ノ原快彦さん

ヒロインたちを演じているのは、宝塚のOGさんなんですよ! OGさんじゃない方もいらっしゃいますが。

  • アイヴィ・スミス(ミス・サブウェイ)ゲイビーの相手:真飛聖さん(元花組トップスター)
  • ヒルディー・タクシー運転手でチップの相手:シルビア・グラブさん(いろいろなミュージカルに出てらっしゃる女優さん)
  • クレア・人類学者・オジーの相手:樹里咲穂さん(元月・宙・専科の男役スターさん)

OGさんがやった役を演じるのはどういう気持ちになるんでしょう。

ジェンヌさんたちの「つながり」を勝手に妄想するのが好きなので、こういうつながりを見つけると楽しくなっちゃうんですよね。

潤色・演出は野口幸作先生です

野口先生の演出されるショーが大好き&印象が強くて、(お芝居初演出!?)などと思いましたが、リピートしまくってるA-EN(2015年)の演出も野口先生でした。

野口先生のショーはびっくり箱みたいに楽しいものがぎゅうぎゅうに詰まっているイメージ。

お芝居のA-ENもベタと夢と希望が詰まっていて、見終わったときに素直に楽しい気持ちになるんですよね。

 

今回は「潤色(もともとあるものに色をつけ、光沢を加えること)」なので、

また違った演出になるのでしょうけど、オン・ザ・タウン自体コメディーなので野口先生の演出がハマりそうで楽しみです。

 

野口先生+水兵さんといいますと、2016年に演出されている星組公演「THE ENTERTAINER!」のひと場面を思い出します。

せおっち(瀬央ゆりあさん)が水兵さんの格好で「ヘェーーーーイ!!」と出てくる場面があるんです……ってそういえばあの場面も舞台はニューヨークでしたね…?

野口先生、オン・ザ・タウンをずっと前から温めていたのでしょうか。だとしたら思いのこもった素敵な演出になりそうだなぁ。

おわりに:ラブコメ大好き

明るいお話大好きなので、オン・ザ・タウン楽しみです!

しかも3対3の恋模様なんて、スポット当たる方も多そうでうれしい。

あらすじのお勉強をしていた時に見かけたのですが、6人でわちゃわちゃする場面もありそうなんです。絶対楽しいやつ。目が足りないやつですよ!

などと言いつつ、私見れるかわかりませんが…映像化、してくれると…いいな……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です