月組の美弥るりかさんの退団発表について。

今回は、いつにもまして「独り言」です。言いたいことがあるわけでもない。ただ心にあることを書いただけです。

いつもとも雰囲気違うと思います。大丈夫そうな方はどうぞ。

 

なんというか、とんだ自傷行為だなと思う。考えたくないことをわざわざ見つめるなんて。でも、書いておこうかなと思いました。意味なんてないし、多分支離滅裂になるだろうけど。

発表があった日から、考えないようにしていました。考えると涙が出るから。

 

私の宝塚初観劇は、2016年月組の舞音とゴールデンジャズ。誰が誰だか全然わからない。全員同じ顔に見えました。

舞音で印象に残ったのは、シャルルの影。(見分けがつかないから、まさおさんシャルルとみやちゃんシャルルの影が同じ人に見えてた)

ちなみに娘役ちゃんだと、叶羽時ちゃんのマノンの影的な精とすーさんが印象的だった。

 

ゴールデンジャズでは、まさみやすーさんのミラージュの場面とスーツ群舞に、はぁカッコいい…! となっていましたね。

その後、速攻でDVDを買って、休みの日とかずっとずっとリピートしていました。画面のみやちゃんを主に追っかけていて。

あの余裕のあるダンスと表情がクールでカッコよくて。周りの人へのアイコンタクトがなんか好きで。

宝塚の体勢とか、人事とか、難しいことを知らないままに、ミラージュの大人びた雰囲気が好きすぎて、「よくわかんないけど、この3人(まさみやすー)でよくない?」とか思ってました。アダルティーなトリデンテですね。笑

 

私ね、本当にグランドホテルとカルーセル輪舞曲大好きなんですよ。

内容も大大大好きなんですけど、たまちゃぴみやの3人のトライアングルのバランスがね。カルーセルの飛翔の場面はね、客席で(好きーーーーーーーー!!!!)って震えていました。

もともとコンビ萌えする気質で、宝塚におけるトップさんと二番手さんの関係ってツボなんです。

で、その中でも好みがあるじゃないですか。私はたぶん、似たもの同士より、タイプの違う並びの中に垣間見える信頼関係がよりツボるのだと思います。みちさゆしかり。

るりたまはまさにそれ。容姿も持ち味もまるで違う二人のお互いを尊重し合う姿。

演目もね、よかった。グラホ、AfO、カンパニー、バッディ……(雨に唄えばは見れてないのです)

 

みやちゃんのね、Now onとか、ブリドリとか、下級生の子にも温かな目を向けて、丁寧にお話を拾ってあげる姿が好き。話が得意じゃない子にも触れてあげて、おもしろくしてくれたり(笑)。

 

あのね、今の月組の体勢が大好きなんです。Now onとかグラフとかで組ごとのスターさんがそろう時があるでしょう?

見るたびに「この!月組の隙のない完璧な並び!最高じゃない!みんな見て!!」みたいな謎の誇らしさが込み上げて。(親バカ……じゃなくてなんて言うんだ? 組バカ?いや違うか…)

 

お正月スペシャルのパネルアタックも最高でしたよね。あーこの並び最高of最高だとリピートですよ。

他の組は結構上級生さん立ててるのに、あのみやちゃんに遠慮のないれいこありね。素直にむくれる下級生ね。で、わちゃわちゃが激しいね。かわいいね。

(あの番組自体、組の個性が出てて面白かったですよね)

 

みやちゃんはトップさんになると思ってたんです。疑いもせず。

だって人気もあって、人望もあって、お芝居では確かな演技を、ショーでは男役のカッコよさと輝きを持ち合わせ。そして立派な二番手さん。

……なると思うじゃないですか。

 

でもね、「劇団は馬鹿なことをした」みたいなのはあんまり好きじゃないんです。みやちゃんの退団を劇団が決めた、みたいに聞こえるのは、なんか嫌で。

私は、みやちゃんのお茶会にも行ったことがないし、宝塚ビギナーだし。ファンクラブに入ってるわけでもない、入り出でご本人の声をきいたわけでもない。本当のことなんて、きっと永遠に知ることはない。

だから、わからないけど、もし、この決断がご本人が心から納得してして決断したものだったら、と思うと、劇団のせい、みたいに言えなくなっちゃう。

それってご本人の気持ちを踏みにじってしまう気がして。

でも、本当のことなんて、わからない。この結末に導いた、ご本人以外の存在があるのかもしれない。いやでもやっぱりご本人が清々しい気持ちで決めたのかもしれない。

わからないから、自分の気持ちも宙ぶらりんになってる。

 

だって、どうしたってそういう人事とか劇団とかを恨んでしまっている自分がいるんだもの。なんでだよって。

トップさんになるのがすべてではない。わかってる。そして、もしかして人によっては、その立場に興味のない、人もいるのかもしれない。みやちゃんも心の底から納得して決めたことかもしれない。

だとしたら、他の存在を恨むのは筋違いだ。それは逆に決断をしたみやちゃんに失礼じゃないの?

 

もうね、堂々巡りなんです。こういう思いがずっと交互に浮かんで。

恨んだり怒ったりしきれないまま、でも消せなくて、悲しくて寂しくて。もっといてくださいって喚いている自分もいて。

みやちゃんが一番そう「思われたい」と思っているだろう気持ちでいたいのに。それも知りようもないし。ぐるぐるしてるんです。

 

なんかねぇ、本当につらくて。宝塚から足を洗おうかとちらっと思ってしまった。

たぶん、切り離すことはできると思う。スカステ解約して、ツイッターもやめて、情報を自分から探さないで、物理的に距離をつくれば、宝塚熱は落ち着かせることもできると思うんです。

事実、2018年前半は宝塚を物理的に摂取できなくて、でもその間、わりとそれはそれで生きていられたし(重い)

ただね、きっかけがあればすぐ戻ってきちゃうくらいには、根付いちゃってるんですよね。タカラヅカ。そうなった時に、「ああなんで私あの期間見てなかったんだ!!」って後悔するのは確実だろうから、それもできないというか。

というか、話がどんどん脱線してますね。

東京の月組公演、夢現無双の大千秋楽は6月9日。今年の半分はみやちゃん、いないなんて。

ダメだな、たぶん、このまま見てみない振りをしたまま東京を待つのかもしれない。星組のかいちゃんもそうだった。昨日が星組の宝塚の千秋楽で。映像を見て、やっと知ったみたいな気持ちになったくらい、考えないようにしてた。

 

卒業後は卒業後の楽しみがあるって、みちこさんのおかげで知ったつもりだったけど。ま、それはそれ、これはこれですよね。

この寂しさや恨んじゃいけないと思いつつ、くすぶる暗い気持ち。わめき散らかしたい気持ち。見つめることも飲み込むこともできないんですよねー。少なくとも今は。

私は、まだ引き続き、現実逃避を続けるんだろうな。こうやって、書き出してみたら少しは前を向けるかと思ったのだけど、あんまり助けにならなかった。笑

書く前と変わらない気持ち。整理なんて全然できない。ぐるぐるぐちゃぐちゃだー。

現実逃避を続けつつ、みやちゃんや宝塚を見ていくようです、2019年。時間薬と、ご本人の幸せそうな姿が、きっと助けてくれると思う。

みやちゃんのことたくさん見よう。その男役姿を純粋な気持ちで楽しもう。

宙ぶらりんの気持ちはそのままに、そうやってじりじりやっていくしかないんだ。足を洗うには好きな人ができすぎてしまったし。

一方で好きな人がいる限り、こんな思いをまた味わうのかと思うと……離れた方がよくないかい? とも思ったり。

どっちむいてもぐるぐるぐちゃぐちゃ。なんかとんでもない世界に触れてしまったな。でももう戻れないですし。

 

ほら、やっぱり支離滅裂になったけど、これでしめちゃおう。ひとりごと、ですから。

そうだ、今週は花組さんが始まりますね。

あとね、宙組博多座観劇予定なんです!博多座デビューです!というか、九州自体初めてなんですよねー。何食べよっかな。

ブログランキングに参加しています。
もし気が向いたらクリックしていただけるとうれしいです。
    ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2 Comments

万里子

はじめまして。もう2週間以上経つのに、喪失感で呆然としています。
自分の気持ちを丁寧な文章にしていただいたように感じました。
どうもありがとうございます。

返信する
zucazuca

万里子さん

はじめまして。
そうですよね…受け入れることも受け止めることもできないまま、ただ時間が流れている感覚です。
整理できないまま書いたものでしたが、そんなふうに言ってくださってありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です